関東が25年間で最低の水不足に!16日から取水制限 - 2016.06.15

利根川の水源の概状
ペン太

ニュースですでに心配している人も多と思う、「関東の水不足」問題。

1992年からダムの観測をはじめ、
2016年の今年、過去25年間でダムの貯水量が最低値を記録したんだペン。

それだけ今年は雨が降っていなくて、(雪不足も影響)
6月16日の午前9時から、東京、千葉、埼玉、群馬、栃木、茨城で「10%の取水制限」を行うことに決定したんだペン。

13日はいっぱい雨が降ったから、少しはダムの水も回復したのかな?って思ってたけど、考えは甘かったようだペン・・・( ´;ω;` )<全然足りてなかったペン

関東の水道水は、
主に「利根川水系のダム」からお水を使っているんだペン。

利根川上流にあるダムは全部で8つあるんだけど、
15日0時現在の貯水率が合計しても38%と、50%を余裕で切ってるペン。

例年のこの時期の貯水率はだいたい85%あるみたいなんだけど、そう考えるとヤバさが倍増するペン。。( ´ω` ||)<50%OFFでも嬉しくないペン

今から節水の意識や、
水不足の準備、対策を考えておいたほうが良さそうだペン!

そもそも「取水制限」って?

「10%の取水制限」が16日からはじまるけど、
実はこの「取水制限」の場合、対象になるのが「農業用水や工業用水」だから、一般の家庭には特に影響が無いんだペン。

「なんだ。じゃあ大丈夫じゃ〜ん」

って思ったあなたは注意だペン!

ダムの貯水量が1億5000万立方メートルを下回った場合は、
「20%の取水制限」に踏み切ることも既に決まっているんだペン。

6月15日0時現在での貯水量が1億7355万立方メートルだから
あまり余裕に感じているのもキケンだペン( ´>ω<` )

このまま水不足がすすんだら、取水制限にプラスして「給水制限」がはじまって、ボクたちの家庭にも影響が出てくることになっちゃうペン。

ちなみに「取水制限」は
浄水場がダムからの水を取り入れる量を減らすって言う意味で、
「給水制限」は、各家庭への水道水の供給が制限されるってことなんだペン。

そうなる前に、
飲み水や、料理用に使うお水はしっかり確保しておきたい所だペン!

水不足には、ウォーターサーバーがあると安心!

ウォーターサーバーのお水は、
天然水の場合、富士山のお水や他の採水地のもの(例、京都、長野、大分など)になるから
今回の関東の水不足とは関係なく、
美味しい天然水を配達してくれるので安心だペン♪

天然水でおすすめ「コスモウォーター」(3種類の採水地から選べるからより安心)

ろ過したお水のRO水の場合は、
99.9%まで徹底的に不純物を取り除いた「ピュアウォーター」で、
全国にプラント(工場)のあるアクアクララなら、どこかの工場が止まったとしてもお水の供給は止まらないので、水不足はもちろん!地震などの災害時にもお水の配達がストップすることが無いんだペン〜♪

RO水でおすすめ「アクアクララ」(全国に工場あり!災害時にも強い)

アクアクララは、
実際に「工場見学」に行って来たから、
ぜひ工場見学のレポートも見て欲しいペン〜(* ´ω` *)ノシ

【重要】ウォーターサーバーの申込みはお早めに!!【至急】

もしかして、
「別に急いでウォーターサーバーを用意しなくても大丈夫でしょ!」(その時になれば)

って思った人はいないペン?

実は過去にもあったんだけど、
注文が殺到すると【在庫切れ】になって、申込みができない or 入荷まで1ヶ月〜3ヶ月待ち
っていう事態に陥ることがよくあるんだペン( ´ω` ||)

各社お水はあるペン。
でも「サーバー本体」の在庫が切れちゃうんだペン。(お水だけの申込みは出来ない!)

災害時用の防災グッズと同じで、
「ことが起きた」⇒「注文殺到で在庫切れ」のパターンがよくあるので、
もし、ウォーターサーバーが必要だな。と思った人は「今」が申込み時になるんだペン!

「欲しい時に申込めない」

ってなると、サーバーの種類を選ぶこともできなくなっちゃうし、
折角水不足の予想してたのに、苦労しなきゃいけない事になってしまうんだペン。。

そうならないためにも!
ウォーターサーバーのお申し込みはお早めに!!なんだペン( ´>ω<` )

ちなみに、
利根川の水源の概状がリアルタイムで確認できるサイトがこちらだぺん!
8つのダムの貯水率や貯水量もチェックできるから気になった人はチェックして欲しいペン〜。

【2016年06月15日】