<本日の>宅配水コラム

ウォーターサーバーの「OEM」商品って何? - 【連載第09回】

ペン太ウォーターサーバーを検討する時に、
いろいろなサイトを見て比較すると思うんだけど、

「あれ?このサーバーって他でも見たような?」
「なんか似たような内容だけど・・・違う会社だよね?」

って思ったことは無いペン?

実は、その疑問は当たりで、
有名どころのウォーターサーバーを他の会社が「OEM」商品として提供しているんだペン。

この「OEM」商品とは、
Original Equipment Manufacturingの略で、
「他社によって作られた製品を自社ブランドとして売る商品」のことなんだペン。

ウォーターサーバー業界の中でも、
このOEM商品が多いのが「コスモウォーター」になるんだペン。

OEM商品があると知らずに、
「元はコスモで販売している商品なのに、他の販売業者から購入していた!」ということもあるかもしれないペン。どうせ同じなら提供元の業者から購入したほうが信頼感も違うペン。

もちろん、全然気にならない。という人もいるかと思うペン。
でも、検討中の人は知っておいた方がいい情報だと思うんだペン〜。

商品自体は、同じサーバーで、同じお水を提供するOEM商品。値段も一緒!
当サイトで紹介している業者も含め、OEMサーバーを扱う業者を記載していくペン〜。

コスモウォーターの「OEM」を提供している業者一覧

恵ウォーター

※お水は、富士山のお水2種類と、
サーバーは、カラーセレクトウォーターサーバー

ネイフィールウォーター

※お水は、京都、大分、富士山の3種類、
サーバーは、らく楽スタイル2種・スタイルセレクト

ワンウェイウォーター

※お水は、RO水、京都、大分、富士山の4種類、
サーバーは、らく楽スタイルsmart・スタイルセレクト2種(お掃除ロボット付き)

BLUEウォーター

※お水は、京都、大分、富士山の3種類、
サーバーは、らく楽スタイルsmart・スタイルセレクト

オーケンウォーター

※お水は、RO水、京都、大分、富士山の4種類、
サーバーは、らく楽スタイル2種、スタイルセレクト、プレミアム、カラーセレクト

ドリームウォーター

※お水は、京都、島根、大分、富士山の4種類、
サーバーは、スタイルセレクト・カラーセレクトウォーターサーバー

アクアリズム

※お水は、京都、大分、富士山の3種類、
サーバーは、らく楽スタイル2種、スタイルセレクト

スマイルベビー水

※お水は、島根の水1種類、サーバーはスタイルセレクトウォーターサーバー

島根のおいしい天然水

※お水は、島根の水1種類、サーバーはスタイルセレクトウォーターサーバー

ラピロスウォーター

※お水は、京都、大分、富士山の3種類、
サーバーは、らく楽スタイルウォーターサーバープレミアム、スタイルセレクト2種

オアシス

※お水は、京都、大分、富士山の3種類、
サーバーは、らく楽スタイル2種、スタイルセレクト、カラーセレクト

調べてみた中では、
これだけの業者さんが居たペン〜。(まだまだ居るかも知れないペン!)

みんな、同じサーバー、同じお水だけど
名前を変えて提供しているからややこしいペン( ´>ω<` )

さらに販売業者によっては、サーバーはコスモのOEMだけど
自社でコスモとは違う新しいお水を追加して提供している所もあるみたいだペン。

あと、
カラーセレクトウォーターサーバー(大分前に扱っていたサーバー)と
らく楽スタイルウォーターサーバープレミアム(ワンタッチらく楽サーバー)は
今はコスモウォーターでは扱っていない商品になるペン。(初代・足元セットサーバー)

コスモウォーターで提供が終了したサーバー

サーバーは、現在コスモで扱っている商品のほうが、
改良も重ねているから「使いやすさ」や「機能性」も良くなっているペン。

「古いサーバーを使うのはちょっと・・・」という人は、
コスモのサイトで現在どんなサーバーを扱っているのか?というのを確認したほうが良さそうだペン。

(OEM提供のサイトを見てて、
えっ、このサーバーまだ使ってるの?( ´ω` ;)大丈夫?って思ったのは秘密だペン)

お水で「島根のお水」は
以前「金城の華」としてコスモウォーターでも扱っていたけど、現在は扱っていないお水になるペン。その時は突然注文を終了した記憶があるペン〜。

ちょっと見ないうちに「選べる4種類の天然水」から、「3種類の天然水」に変わっていたペン。金城の華は確か値段がお得だったので注文していた人も多かったんじゃないかな?

やっぱり、島根の水を飲みたい!!という人は、
現在も扱っている業者さんはいるのでチェックしてみるといいペン〜。

後は、OEMとは別に「代理店事業」って言うのがあって、
「コスモウォーターって書いてあるけど他の業者が販売している!」
って言うのも見かけるペン。( ´ω` ;)

ややこしいペン。。どうせなら、母体(?)のコスモと直接契約したいペン〜。
コスモウォーターの配送エリアは、本州・四国・九州となっているペン(2016年9月現在)

公式サイトによると「北海道・沖縄・離島へのお届けは行っておりませんが、順次お届けサービスエリアを拡大していく予定です。」とのことなので、エリア外の人も今後お届けの期待が出来るペン〜。

フレシャスの「OEM」を提供している業者

OEM商品を提供しているのはコスモだけじゃないペン〜。
実は、フレシャスもOEM提供をしていて、
現在ではもう提供が終了した
「KIRINのウォーターサーバーAQUWISH(アクウィッシュ)」がそうなんだペン。

大手のKIRINさんが販売スタートした時は、
「キリンもウォーターサーバー始めたんだ〜。あれ?フレシャスにそっくり・・・」
って思った記憶があるペン。
フレシャスで取り扱っているサーバーの
SIPHON(サイフォン)と「色のラインナップが違った商品」という感じだったペン。

サイフォン

現在は、
フレシャスが、サーバーのラインナップのひとつ「AQUWISH(アクウィッシュ)」としてレンタル料0円で提供しているペン〜。

AQUWISH(アクウィッシュ)

あとは、
「OEMではないけど、同じ製造ラインで作られたサーバー」を提供している
プレミアムウォーター」という業者も居るペン〜。

プレミアムウォーター

サイフォンの頭の部分をとっちゃった!
って言う感じの見た目になっているペン( ´ω` )

お水はフレシャスと違って、12リットルのボトルをセットできるようになっているペン〜。
※フレシャスは7.2Lのパックをセット。

こんな感じで、
「見た目は似てるけど、OEMではない商品」というのもあるみたいだペン。。
調べれば調べるほど、どんどんややこしくなっていくペン〜( ´;ω;` )

「OEM」商品〜まとめ〜

  • ウォーターサーバー業界では「OEM」商品が存在する
  • 中でも「コスモウォーター」のOEM商品が多数ある
  • OEMの業者で契約するより、提供元の業者と契約したほうが安心感がある

3つ目はボクの意見になっちゃうけど、
OEMは「他社製品を自社ブランドとして販売」することだから、
販売元のほうが、その製品には詳しいし、サポートの安心感も違うと思うペン。

もちろん選ぶのは自分自身になるけど、
ウォーターサーバー業界には「OEM商品」があるんだよ〜って言うことを知っていて欲しいペン!

「あれ?このサーバー似てるな?」と思った時の参考になれば幸いだペン〜。

【2016年09月26日】